野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20171012
午後から雨。
ぼつぼつ紅葉が始まります。

シイタケが盛りです。

1012a_20171012163244c32.jpg

赤いはぜ 紅葉の走り 雨に濡れ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/12(木) 16:35)

 
20171011
晴れが続きます。

中古見の田んぼの脱穀作業。
籾をはじいてみると米粒はきれいに光っている。
よい米だ。

夏の野菜のひとがんばり。

zz.jpg

脱穀の 音響きつつ 一人汗

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/11(水) 17:29)

 
20171010
温かい。

針尾の田んぼの稲刈の残りを終わらせた。
ここは、ガスの根腐れが一番ひどく、一時は全滅かと危惧される様子でした。
それでもなんとか復活し、かろうじて米となりました。
収量は少ないが、稲刈りまで進むことができたことがうれしい。

これで4枚の稲刈りが全部終了し、明後日あたりから脱穀作業に入ります。

新米の予約希望者は、このブログの左上の「ホームページ」から予約条件を確認して申し込んでください。

1010_20171010163626c6e.jpg

刈終えた 稲束眺め また反省

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/10(火) 16:42)

 
20171009
作業中汗をかくような温かさです。

今井の稲刈りを終え、針尾の田の80%を仕上げた。
応援ありがとうございます。
今井の田はまだ脱穀前だが、これまででの最高の収量となりそうです。
予定より1本多く、あわてて追加した次第。

1009_20171009180341c2e.jpg

1009a_20171009180342823.jpg

ヤモリいる トノサマガエルも 跳ねる田だ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/09(月) 18:06)

 
20171008
温かい一日。

新田の残りをやつけて、今井の田へ移動。
30%を片付ける。
水持ちが良い田なので、金曜日の大雨が残ったままで、ぬかるみの稲刈りでした。
この田は、昨年ヒエ対策で休田にしていた。
よって、他の田のようにガスの影響がなく、良好です。
刈り取った稲の束の姿を見てもわかることです。
来年は、これを教訓に、豊作を狙いたい。

1008_201710082151459fe.jpg

ぬかるみに 足を取られつ 稲を刈る

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/08(日) 21:56)

 
20171007
曇り時々雨。
夕方から本格的な雨。
稲刈りの続きは断念。

ヤーコンを掘り始める。
この写真は一株の収穫分です。

小糸在来という大豆の秋豆。
とてもおいしい。


1007_20171007190642791.jpg

1007a_20171007190644a1b.jpg

秋豆に 実の入りたる 十三夜
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/07(土) 19:08)

 
20171006
予報通り12時より雨。
本格的な雨。

急に大根が大きくなってきた。
米糠どぶろく液のおかげかな。

昨日に引き続き2枚目の稲刈りをする。
雨の予報に基づき、面積20%程度を刈り取りかけ終えて雨が降り始めた。
残り25%と小刻みな前進です。

1006_20171006155306ad9.jpg

秋雨に 濡れたくはなし 田から退散

************************************************************************
久しぶりにHPの「おしらせ」を更新しました。
新米の予約受付のお知らせです。
今年から値上げさせてもらいます。
予約希望の方は、㏋より申し込みしてください。
このBLOGの左上のホームページから移ることができます。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/06(金) 15:58)

 
20171005
久しぶりの晴れ。
日が差すと温かい。

昨日に引き続き、中古見の下側の田んぼの稲刈り。
友人2名の応援を得て完了しました。
収量は予想より下回りそうです。
鋤き込んだ藁の異常発酵でガスが出て、根傷みが起きたせいで、初期育成が良くなかったことが最後まで影響したようです。
それでも、バットグアノという、蝙蝠の糞の燐肥料を入れたので、実はしっかりしている。
味は期待できます。
稲刈りの最中、おおきなトノサマガエルが飛び出しました。
それはそれは惚れ惚れするような立派なトノサマガエルです。
かわしそうに絶滅危惧種です。

1005_20171005204624081.jpg

おい!おい! トノサマガエルよ 生き延びろ


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/05(木) 20:47)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア