野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20151125
午后から雨。
これから寒くなりそうです。

いつも野菜を置かせてもらっているふじもりそば店にて「ひとてま市」が開かれ、野菜を並べました。
多くの人があつまり、活況でした。
味わいのある市でした。
羽釜で炊いたゆうだい21の新米のおにぎりも食べてもらいました。

1125a_20151125200249017.jpg

********************************************
悲しいお知らせです。
老衰していた次郎君が、今朝眠るような姿で亡くなっていました。
羊の寿命は10才程度ということです。
次郎君は9歳でした。
秋口から痩せ始め、衰えが止まらず、小梅さんとのお見合いのときも、そっけなく、コウメさんにヒックリ返される体でした。
とても皆さんに可愛がられてきました。
3才の頃は、毛のコンテストで特別賞もいただきました。
次郎君は良い一生を送れたのではないかと思います。
ひたすた残念です。
写真は、昨日の昼に撮影したものです。

bb_2015112520372743e.jpg

羊逝き 空しき小屋に 風の舞う

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:7
(2015/11/25(水) 20:07)

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント
  次郎君
次郎君は、四季折々美しい自然の只中に住まいし、美味しい野菜をたくさんにいただいて、これ以上ない幸せな一生を送られました。
ひとりで里に探検に出かけた時には、「珍獣」に大騒ぎする村人たちのなかに駆けつけたFさんの姿を見つけて、「メエエ」と甘えた喜びの声をあげたとのこと。
心からお悼み申し上げます。
URL | 村人その3 #- | 2015/11/25(水) 21:14 [ 編集 ]

 
最後の最後まで晩餐を楽しんだ次郎君、幸せだったよね。
次郎君のために越冬の野菜をいっぱい作っていた福島さん、しばらくは餌くれの時間が巡るたび寂しさが募る日々が続くことでしょうね。
生き物の命を預かる人の宿命ですね。
URL | おまかせm #- | 2015/11/26(木) 00:04 [ 編集 ]

 
皆さんに愛された次郎君でした。
嬉しいとしっぽを振り、顔をこすりつけている可愛い羊でした。
今日埋葬します。

URL | kusarigawa #- | 2015/11/26(木) 08:07 [ 編集 ]

 
ここのアイドルだった次郎君。
このブログで次郎君の姿をみると
『おっ!次郎君今日も元気ぃ~!』
と、どんな忙しい日の朝でも笑顔になったものです。
皆さんに愛されて幸せ者ですよ次郎君は。
しばらくは淋しい日が続きますが
きっと良い思い出だけが浮かぶようになります。

URL | シグマの牧野 #- | 2015/11/26(木) 09:04 [ 編集 ]

 
今日、畑の隅に埋葬しました。
生きるもの生を終えて土に帰る。
思い出が残りの者に大切にされる。
次郎君は幸せです。

URL | kusarigawa #- | 2015/11/26(木) 10:50 [ 編集 ]

 
次郎くん、亡くなったのですね。
ブログに何度も登場していたので、次郎君に会ったような気持ちでいます。
動物は人間より、死を否定的にみていないはず。
自然に淡々と受け入れているとおもいます。
福嶋さんにかわいがられていた次郎君はとくにそうだと思います。
URL | misawa #EnHhKRC6 | 2015/12/02(水) 21:13 [ 編集 ]

 
皆さんに愛されていた次郎君です。
次郎君の最後を見ていると、私達も自然死を静かに受容しなくてはと思いました。
URL | kusarigawa #- | 2015/12/03(木) 12:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kusarigawa.blog87.fc2.com/tb.php/2715-0ee253c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア