野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20170731
厳しい暑さです。

ハウスの中にクロアゲハ。
真っ黒でそれとして美しい。

キュウリが獲れるので、干しキュウリに。
刻んで、昆布だしで甘辛く煮つける。
これがとてもおいしい。
干しズッキーニは炒めものにする。
生と違うおいしさ。

0731_201707311859536da.jpg

0731a_20170731185954639.jpg

キュウリ干し 夕立に慌てる 畑仕事


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/31(月) 19:04)

 
20170730
午後には陽が差した。

連日の雨出遅れていたトマトが、それでもミニトマトに続いて中玉トマトもぼつぼつ赤くなってきた。
赤くなったトマトを狙って、狸かハクビシンがやってきて、食べ始めた。
あたらに購入した電気柵を設置した。

0730_2017073018583629a.jpg

梅雨明けに また梅雨が来て 黴生える
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/30(日) 19:03)

 
20170728
夕方より激しい雨。
連日の雨。
「百姓殺しに刃物はいらぬ。雨の十日も降ればよい。」
殺されそうです。
日照不足で、トマトは赤くならない、ズッキーニは太らない、茄子の花が咲かない。
乾季雨季の繰り返しのような気候となっている。

雨の合間にそれでも少しでもと、ネギの植え替えをする。
伸びてくると培土が間に合わないので、掘り出して深く切った溝に植えなして深く土を被せる。

0729_201707291540391e6.jpg

長雨に トマトの実さえ 青いまま

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/29(土) 15:42)

 
20170728
午後からは日が差した。

トウモロコシが熟れてきたので早速サルたちがやってきた。
電気柵をものともせず、10本ばかり食べ散らかしていった。
電気柵も効果なし。
完全に囲うのも大変だし、仕方がない。
サルには泣かされる。

ミニトマトの収穫をはじめる。

0728a.jpg

0728_20170728183759ee6.jpg

トマト摘み 割れた実を食べ もったいない

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/28(金) 18:41)

 
20170727
しとしとと雨。
今度は日照不足で野菜が傷みそうです。
ままならない天候。
日本近海の海水温度が高い影響だとすれば、温暖化による異常気象なのだろう。

ヤワラヨーデルを掘る。
アンデスのメークインスタイルの芋。
外はルビー色、中は黄色。
サツマイモのようだという味。
作りやすいのでたくさん作った。
希望の方お分けします。

トウモロコシと枝豆の収穫を開始。
少しずつ順番にできてくる。

0727_20170727105920648.jpg

0727a_20170727105922677.jpg

徒に 草だけ伸ばす 眺めせし間に

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/27(木) 11:01)

 
20170726
垂れこめる雲。

インカの目覚めという種類のジャガイモの収穫。
数年前に高価な種芋を購入して作ったことがある。
種芋が高すぎて割に合わないのでやめていた。
今年は、偶然スーパーで投げ売りしていた食品用の芋を安く手にいてれて作ってみた。
小ぶりの品種だがまずまずの出来。
糖度が高く、ねっとりとして、美味。
種芋として使えるので、一部保存する。

0726_20170726173214dce.jpg

ブルーベリー 摘むぞばに来て ヒヨドリの啼く

最近ブルーベリーにヒヨドリがやってくる。
追い払ってもすぐにやってくる。
摘んでいると、近くに来てピーピーと啼く。
俺のだとばかりに・・・・。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/26(水) 17:35)

 
20170725
降ったりやんだりのだらだら雨。
梅雨に戻ったようだ。

この雨で、キュウリが沢山出来る。
取れすぎるので漬物にしてバリバリ食す。
以前はキュウリに栄養はないと考えられていたようだが、ミネラルが豊富で、夏バテに効くとのこと。

0725_20170725175405607.jpg

モロキュウで まづは一杯 野良帰り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/25(火) 17:56)

 
20170724
曇り。

ビーツの収穫。
思ったより早く育っている。
サラダに、スープに、シチューに、美しい色と独特の甘みのある味。
ジャガイモとビーツのサラダは美しい。
茎や葉もおいしい。

0724_2017072418153559e.jpg

雨降りて 草の勢い 手が付かず

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/24(月) 18:18)

 
20170723
久方の雨。

室内作業。
2008年仕込みの15部味噌を樽から出してパッキング。
完熟味噌シリーズの2段目。
深い味わいがある。
完熟味噌には、免疫を高める成分が含まれる。
味とともに食べる薬として価値がある。
800グラム入りパック 800円です。

0723_20170723221204c7f.jpg

10年の 眠り醒めたる 完熟味噌

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/23(日) 22:13)

 
20170722
夕方雷雨。
少し涼しい。

かぼちゃはついに屋根の上に。
おだてたわけではないのに、上りました。

0722_20170722181608100.jpg

かぼちゃ蔓 屋根にのぼって 次はどこ


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/22(土) 18:17)

 
20170721
明日の夜から雨の予報。
きちんと降ってくれるのかな。

トマトの房が大きくなってきた。
サンマルツアーノは、下膨れの形になってきた。
しかも大きいい。
おいしいトマトになりそうです。

中玉トマトもたわわに実をつけています。

赤くなるのを待つ日々です。

今年は雨が少なかったので、病気がほとんど出ていない。
例年梅雨明けごろには、下の葉が枯れているのだが、まったくきれいなままです。
ひょっとして、手入れが良いのかもしれないが。

0721a_20170721183255593.jpg

0721_20170721183256fc9.jpg

トマトの実 形揃いて 熟すを待ち

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/21(金) 18:37)

 
20170720
ソロソロ雨が降っても良いのでは。

ひったらかしになっていたつるなしインゲン。
今日、草取りをするとすでに実が付いていた。
なんとなくうれしい。

0720_20170720184652ce9.jpg

梅雨明けて 雨を乞えども 雲さえもなし

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/20(木) 18:48)

 
20170719
梅雨明けのようです。
前をひたすら待っています。

ズッケロという、少しほろ苦いサラダ用西洋野菜。
西洋野菜の中には、苦みのあるものが数多くある。
大人の味覚の世界が広がっている。
日本はまだ、苦みや渋みという奥深い味覚が広まるのは先の話のよう思われる。
甘いがおいしいという幼児性からなかなか脱却しない。
甘いは、否定はしないが、私も甘いものは好きだが、ただ甘いだなのだが・・・・。
味が良いので秋にも作りたい。

トマトが色づき始めた。
まずはミニトマトから。

0719_201707191817514da.jpg

0719a_20170719181753ac8.jpg

梅雨明けて トマト色づき 雲は無

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/19(水) 18:19)

 
20170718
やはり暑い日が続きます。

春植え玉ねぎの収穫を始めた。
一面草に覆われて、草をむしりとりつつ、玉ねぎを取り出す作業です。
小形のものが多分に混じるが、そこそこの収穫。
小玉ねぎは、シチュウやカレーの丸のまま使えるので、それとして貴重。

苗を大きく作ればできなくはないということが分かった。
肥料を入れて紙ポットで一本一本丁寧に作ればよいのではと思う。

0718_20170718183742509.jpg

草むしり 玉ねぎ探し ただ分け入る

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/18(火) 18:43)

 
20170717
暑い日が続きます。

ネギの葉を途中で切断しました。
傷を修復しようと、急いで伸びてくる。
ストレスを与えて育てる過酷な過程です。

0717_20170717173209628.jpg

葉切られ ネギ慌てます 育ちます

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/17(月) 17:33)

 
20170716
午後に少雨。

稲はぶんげつを始め、上に大きく開き始めた。
束になったまま上に伸びるのでは、おいしい米にならない。
根の栄養を上に届ける茎も大切。

0716_20170716191713109.jpg

雨待てど 雲薄く行き 梅雨休み

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/16(日) 19:22)

 
20170715
猛暑です。

キタアカリの試し堀。
半分は出来て、半分子芋。

0715_201707151507506be.jpg

新じゃがを 嬉しと思う 梅雨の明け

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/15(土) 15:09)

 
20170714
暑い日が続きます。

フランスレタスの苗。
そろそろ定植の時期。
暑さに強いそうです。
今年から作り始めたのですが、畑での日持ちが良いのと、何しろ美味しい。
楽しみに作ってみます。

カーボロネロはモンシロチョウの青虫に食べられて、壊滅。
秋に作り直しです。

0714_20170714175014ef8.jpg

蝶が舞う 青虫育ち 葉はすだれ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/14(金) 17:50)

 
20170713
暑い。
長時間の作業はできない。

キュウリが取れ始めた。
バテシラズという種類で、十数年自家採種を続けている。
ことしのバテシラズに、スオウキュウリの形が混じっている。
昨年近くでスオウキュウリを作ったので交配したようだ。
現れたのがスオウキュウリとバテシラズの中間程度の形状なので面白い。

0713_20170713184339642.jpg

冷やしキュウリ かぶりつきつつ また一杯

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/13(木) 18:48)

 
20170711
猛暑。
午後は作業中止。

第3段目のキュウリの苗。
昼間は暑すぎてぐったりしていた苗も夜になると元気になってきた。

0711_201707112249049b1.jpg

暑い日に キュウリ苗萎え 夜戻り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/11(火) 22:52)

 
20170710
結構な暑さでs。

ブルーベリーの収穫を始めた。

ナカセンナリという信州の地の大豆を植えている。
発芽率が良い。
発酵鶏糞を追肥した。
そのあと培土する予定。
小糸在来も植えている。
手入れをしないと草に埋もれそうだ。
作業に追われている。

0710_20170710172531f31.jpg

草取って、また草取って 草取って

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/10(月) 17:26)

 
20170709
蒸し暑い。

先日29馬力のクボタのトラクタが、オイルポンプの故障でダウン。
型式が古く、部品がないということで修理不能。
今日、先日自分で修理したシバウラ15馬力のトラクタがダウン。
修理直後は良かったのだが、少し負荷がっかったとたんに弱っていたユニバーサルの鋳物の本体が破損。
これも取り換え部品がもうないということで、修理不能。
古い機械は、部品関係で突然死する。
特に農業関係は、生産台数が少ないので、極端です。
共通規格品を作るという考え方は、資本主義の競争競走とマッチしないようだ。
資本主義の次の社会では、多様性と共通規格を両者生かす方法が採用されるべきですね。
本当にもったいなく、困ったことです。

庭の植物残渣をためているところに植えたかぼちゃが伸びてきて、小屋の上に誘導するべく支柱に縛り付けて、上においでおいでをしている最中。
もうすぐ屋根にのぼる。
現在8本が、屋根昇りの準備中です。

0709_20170709181451db0.jpg

かぼちゃ延び 屋根にのぼらんと 這い上がり

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/09(日) 18:17)

 
20170708
蒸し暑い。
夕方、雷ゴロゴロ。

松本糸の会で、綿畑の手入れ。
良く育っている。
発酵鶏糞の追肥をした。

長茄子ができ始めた。

今井の田んぼに今年も沢山の幅広トンボが舞っている。
オスは青、メスは黄色。
おなかが幅広のトンボです。

0708a_20170708170533e11.jpg

0708_20170708170532682.jpg

0706c.jpg

青に黄色 ハバヒロトンボ 稲に舞う

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/08(土) 17:14)

 
20170707
七夕。
この歳になると願い事もなし。

玉ねぎの収穫を始める。
春植えの玉ねぎはまだ成長中。
今年の玉ねぎは、玉の大きさが不ぞろいにできていることと、欠株が多い。
塔立ちが1個しかなかったことは、びっくり。
今年は、丈夫な苗を沢山作って、均質な成長を目指したい。
我が玉ねぎは食味が良いということで評判です。

今年のジャガイモは頑張っている。
例年、花が咲い終わるころから、虫にやられて葉が枯れ始めるのだが、まだ緑が濃い。
羊の液肥が効いているのかもしれない。
ただ、インカのヒトミだけは弱いのか、枯れ始めている。
それにしても、タワラヨーデルは作りやす感じがする。

今日、オオムラサキを見た。

夕方、田んぼで、水が少なくなってオタマジャクシが岸辺によっているところに、テンがいた。
オタマジャクシを食べていた。
すぐ逃げたので写真は間に合わなかった。
芽の周りが黒く、全体に茶色のきれいな個体だった。
こんなところにテンが出没とは嬉しい限り。

0707_2017070718520193d.jpg

0707a_20170707185203864.jpg

田んぼにテン オタマジャクシを 貪りぬ





未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/07(金) 18:58)

 
20170706
梅雨休み。

キュウリができ始めた。

0706_20170706190820a88.jpg

塔立ちの レタス片付け 再起期す

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/06(木) 19:11)

 
20170705
台風過ぎてむしむしと暑い。

友人から分けてもらったイチゴ。
花が咲いて、実をつけ始めた。
期待が膨らむ。

0705_20170705180845ef5.jpg

針尾の田に、発酵鶏糞を120㎏投入した。
その後、機械除草機で、一周。
草取りと、いわゆる根搔き効果を期待しして行う。
昨秋の藁の鋤き込みが、異常発酵して、ガスが発生している。
田んぼの中を歩くと、ブクブクと泡が出てくる。
硫化系の匂いがする。
光合成菌を10リットル流し込んであるので、なんとか苗は持ちこたえている。
このガスを抜く効果を期待しているのです。

田を歩く ○o。.溢れ出て 泣けてくる

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/05(水) 18:16)

 
20170704
終日の雨。

畑の横の石垣にヤマアジサイが咲き始めた。
梅雨の雨に濡れて美しい。
派手さがないので、趣がある。

漬物用の瓜の苗が出来上がり。
連日の雨で、畝作りができていない。
畑作業が次々と遅れる。

d.jpg

0704a_201707041631030c8.jpg

梅雨の雨 ヤマアジサイを そっと摘み 

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/04(火) 16:37)

 
20170703
夕方も蒸し暑い。

大玉トマト(世界一)も実をつけ始めた。
これからサルとの攻防戦が始まります。

台風接近ということで、トマト、ナス、ピーマンの支柱、結束作業に追われる。

0703_20170703172349b42.jpg

トマトの実 まだ緑なり アオガエル 

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/03(月) 17:26)

 
20170702
繰り返す雨。

田植えから1カ月。
分げつが始まった。
開帳型に伸びている。

0702_2017070218452841c.jpg

稲開き 分げつの兆し 燕飛ぶ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/02(日) 18:51)

 
20170701

夕方には雨が上がった。

ブルーベリーの実が色づき始めた。
2種類の木があるが、今年はどのようなわけか、ほぼ同じ時期に実をつけている。
例年2~3週間の遅れがあるのだが。

0701_201707011730228bf.jpg

梅雨本番 靄垂れこめて 山見えず

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/01(土) 17:32)

copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア