野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20141130
風もなく穏やかな晴れ。

正月用にドブロクを仕込むために、米麹を作る。
3日で出来上がる。

1130_20141130123151a0d.jpg

香り立つ 米蒸す横で 猫が鳴き


ヴァイオリン協奏曲といえばやはりブラームス。


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/30(日) 12:34)

 
20141129
午後から晴れ。
暖かい。

ロケットストーブの基礎部分を作る。
何事も基礎が大事。
断熱を注意して、火口には耐火れんがを使う。
年内完成を目指している。

1129_2014112916351945f.jpg

合わせ柿 ついつい3つ 5つ食い

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/29(土) 16:41)

 
20141128
昼前から風と雨。
葉も落ちて、唐松林は枝がむき出しとなって、荒涼としてきた。

明日の岡谷の産直市抜けに白菜を洗う。
ここしばらく暖かたので中身が詰まってきて、重くなってきた。

1128_2014112813143367e.jpg

重み増す 白菜採りて 風と雨


メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」を聴く。
良い。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/28(金) 13:19)

 
20141127
暖かい日が続く。

インゲン豆の片付け作業。
種用に残しておいた豆を採る。
一六ササゲとインゲンとモロッコの三種類。

1127_20141127170636168.jpg

自家採種 いんげん豆の カラカラと

ベートーベン ピアノソナタ第32番を聴く。
やはり素晴らしい。



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/27(木) 17:08)

 
20141126
雨が続きます。
冷たい雨。

1週間前から針尾の田に水を入れている。
いわゆる冬季灌水。
この田はヒエが激しく生えて、稲が負けてしまった。
ヒエの種が大量に落ちているので、これを腐らせたい。
地表に種があるので、耕転せずにそのまま水を入れる。
この田は、水を自分で扱えるので、田植えまで灌水する予定。
果たしてうまくゆくのか・・・・。
写真の茶色の部分は、稲刈りを諦めて草刈機で倒したヒエの塊です。

1126_201411260957304e6.jpg

ヒエに泣き 米も採れずに 草刈機

ベートーベン ピアノ・ソナタNO.8,14,23を聴く。
この「三大ピアノ・ソナタ」(悲愴、月光、熱情)は、レコード会社の販売の都合らしい。
おさまりが良いということで、内容ではない、というので聴いてみる。
NO.30,31,32の「後期三大ピアノ・ソナタ」は円熟しているとの評だが。

雨なのでスピーカー台を作った。
欅の板と檜の柱。
残っている作業が山積みで、こんなことをしている場合ではないのだが。
後ろのスピーカーと左右合計四個のスピーカーを鳴らしている。

余っていたデノンの3wayスピーカーは行き先が決まりました。

1126a_201411261014342c7.jpg



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/26(水) 10:21)

 
20141125
冷たい雨。

次郎君は小屋の中で食事です。
新米ならぬ新糠を食べます。
久しぶりの新糠に興奮気味です。

1125_2014112515074101e.jpg

新糠を むさぼり食らう 次郎君

雨なのでブラームス「ヴァイオリン・ソナタ第1番(雨の歌)」を聴く。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/25(火) 15:19)

 
20141124
暖かい。

今年は豊作であったブルーベリーの手入れ。
すでに新たな芽が膨らみ始めている。
来年も頑張るかな。
次郎液肥と米糠どぶろく液の混合肥を根元に与えた。

1124_201411241253254d7.jpg

もうすでに 新芽膨らむ ブルーベリー

午後から今井の田の片付け作業。
藁切りをする。
エンジンと藁切り器と手押し車を組み立てた自作の機械だが良く働く。
この後、トラクタで藁を鋤きこんで冬を迎える。

1124a_20141124201136fdb.jpg

ベートーベン 弦楽4重奏曲 NO.14,15を聴く。
第15番は、病気から回復した喜びが表現されている。
盛り上がりあり。



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/24(月) 13:04)

 
20141123
昨夜地震がありました。
村は震度2でした。

人参の残りを収穫する。
ビーツも終わり。

1123_20141123115632b18.jpg

1123a_20141123115634b45.jpg

小春日に 残りの野菜 採り終える

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/23(日) 12:00)

 
20141122
久しぶりに暖かい。

精米所で大量の蕎麦ガラを頂いた。
早速玉ねぎのマルチの穴にふりかける。
穴が空いている状態だと、いかにも寒そうだ。
布団を着せるぐらいに大量にまいた。
大蒜にも。

1122_201411221528433c1.jpg

そばがらも 玉ねぎの布団 役に立ち

スメタナ「わが祖国」を聴く。
モルダウだけが有名だが、6曲全部を聞くのも良い。


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/22(土) 15:39)

 
20141121
フィールドは霜で真っ白です。

朝日を浴びて法蓮草の緑が輝きます。
寒い時期の緑は一段と頼もしく感じられます。
今日はドブロク液肥を追肥する予定です。

1121_20141121094847f14.jpg

朝日浴び 緑いや増す 法蓮草

スメタナ 「弦楽四重奏曲第1番 我が生涯より」を聴く。
悲しみの曲。


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/21(金) 09:55)

 
20141120
寒い日が続きます。
早くも霜柱が現れました。

1120_20141120153816d66.jpg

もう霜柱 突然の輝きに 瞠目し


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/20(木) 15:42)

 
20141119
本格的に寒くなってきた。

畑の大根も凍りついては回復し、ということを繰り返すようになってきた。
傷むので収穫することにした。
村の友人と分けた。
形の良いのは販売にまわしたので、自然芸術的なものが残っている。
形を問わないで美味しくいただくことに。

私のところは、父伝来の水キムチを漬けることにした。
いまは亡き父が、若いころ平壌の近くの炭鉱で働いていた頃の味。
煮干し、昆布、椎茸のダシ汁にネギ、生姜、ニンニク、唐辛子をいれて、食べる大きさに切ったダイコンや白菜を入れて作る。
これなら、芸術的大根も無駄なくいただける。
酸っぱくなったらまた新しく作る。
酸っぱくなった液を使って、冷や飯や冷麺を食べるとすこぶる美味しい。
是非みなさんも作ってみてください。
お薦めです。

1119_20141119162359b0b.jpg

大根の 踊りだすよな 足が生え

今日、市民タイムス(地方紙)の記者さんが、次郎君の取材にやってきた。
なんでも来年は羊年なので、新年号の特集を企画中とのこと。
素敵な女性記者さんに次郎君ごきげんでした。
ポーズを決めて、男前ぶりをアピールしていましたね。


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/19(水) 16:28)

 
20141118
氷が張るが暖かい。

次郎君、今日はピーマンの葉を食べる。
食欲旺盛です。
冬に備えてモリモリ食べています。

1118_20141118105419e87.jpg

ピーマンを 食べてニンマリ 次郎君


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/18(火) 10:56)

 
20141117
畑の片付けの途中で、おやつにブルーベリー。
残り物なのだがこれがめっぽう美味しい。
濃厚な味わい。
今年はブルーベリーは豊作だった。

1117_20141117171837f9c.jpg

霜月の ブルーベリーの 味の濃さ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/17(月) 17:21)

 
20141116
一番の寒さ。
大根も白菜も凍りました。

畑の残りのミニトマトも凍りついてシャーベット状になりました。
片付けをしながらおやつのように食べています。
夏の名残を惜しみつつ。
まだ緑のものは、マリネ液に漬け込みます。

1116_201411161723448c8.jpg

大根も 白菜さえも 凍りつき

ミニトマト 夏の名残の シャーベット

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/16(日) 17:27)

 
20141115
チラチラ小雪が舞う。

野沢菜が大きくなった。
たくさん作ったのでご希望の方取りに来てください。
ふじもりそば店の店頭販売で、柔らかく味が違う、美味しいと評判です。
本漬けは12月に入ってから、霜にあったって甘みが出てからとなるが、浅漬も美味しい。

1115_20141115134420b9e.jpg

小雪舞う カラマツの葉も舞う 山おろし

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/15(土) 13:46)

 
20141114
寒い。

ようやく脱穀を終える。
最終的な収量は、昨年の四分の一となった。
凶作だ。
天候不順で乳苗の育ちが悪いことがこの結果となった。

次郎君は畑の片付けの手伝いをしている。
トマトやピーマンの葉っぱが大好きで、走り回っている。

1114a.jpg

1114_20141114174701375.jpg

凶作の 最後の脱穀 疲れ果て





未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/14(金) 17:48)

 
20141113
夜半の雨。晴れたり曇ったり。時折雪。
烏帽子岳初冠雪。
荒れた天気で寒い。

残りのヤーコンを掘り出す。
よく育った。
高円寺のカレーや、ふじもりそば店の天ぷらとして好評。
奇跡の健康食品と一時期宣伝されたが、最近下火。
オリゴ糖食品なので、ほんとうに体に良い食べ物なのだが。
1kg300円でお分けします。

1113_20141113105712bb6.jpg

 ヤーコンの ほんのり甘み 噛じります 

天候が荒れているのでウエザー・リポートのデビューアルバム「ウエザー・リポート」を聴く。
懐かしい。


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/13(木) 11:07)

 
20141112
予報に反して雨。
脱穀の予定だだったのだが・・・・。

ピーマンの最後の収穫。
今年は、ジャンボピーマン、ビッグパプリカ、バナナピーマン、普通のピーマンを植えた。
大半自家採取の種。
自家採種のピーマンがどうし細長くなってしまったのか分からない。
ピーマンたちも、とてもよく頑張ったものだと褒めてあげたい。

1112_2014111210200590b.jpg

ピーマンの 色づく頃に 採り終えリ

ポール・チャンバース「ベース・オン・トップ」を聴く。
ギター ケニー・バレル
ピアノ ハンク・ジョーンズ
ドラム アート・テイラー
1969年に亡くなっているが、なかなかの組み合わせ。
ジャズの本流という感じがする。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/12(水) 10:37)

 
20141111
穏やかな晴れ。
気持ちも穏やかになれる。

連日の寒さの中、パセリが元気だ。
味が良いと、とても評判が良い。
村の中では、あちこちでパセリを作っている。
ひっきりなしに消毒している。
パセリが虫や病気にやられることなど一度もない。
アゲハチョウの幼虫が時々食べに来るのみ。
化成肥料でもこもこしたものを作るが、苦いだけで美味しくはない。
もっぱらお皿の飾りとして捨てられる。
美味しいパセリを召し上がれ。

1111_20141111173255f80.jpg

 食べるのよ 飾りじゃないのよ パセリは

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/11(火) 17:34)

 
20141110
日中も寒い。

保温カバーをしている法蓮草が少し伸びてきた。
米糠ドブロク液を追肥する。

1110_20141110142925c36.jpg

法蓮草 新たな新緑 育ちつつ

カーメン マックレーン「Tis Autumn」を聴く。
歌詞がとても良い。

Old Father time checked, so there'd be no doubt
Called on the North wind to come on out
Then cupped his hands so proudly to shout,
“La-di-dah di-dah-di-dum, ‘tis autumn!'
Trees say they're tired, they've born too much fruit
Charmed on the wayside, there's no dispute.
Now shedding leaves, they don't give a hoot ?
La-di-dah di-dah-di-dum, ‘tis autumn!
Then the birds got together to chirp about the weather
Mmmm-mmm-mmm-mmm.
After makin' their decision, in birdie-like precision,
Turned about, and made a beeline to the south.
My holding you close really is no crime
Ask the birds and the trees and old Father Time.
It's just to help the mercury climb.
La-di-dah di-dah-di-dum, ‘tis autumn.
(Old Father time =時の神 Tis=It is )

パワーアンプは調子を取り戻したようだ。
150w+150wの大きなスピーカーも鳴らしている。



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/10(月) 14:33)

 
20141109
雨。
ハザ掛けの稲も濡れた。

ロケットストーブの室内型を作り始める。
まずは基礎作りから。
御影石の角板を敷く。
断熱基礎をつくる予定。

1109_20141109180753ae3.jpg

立冬の 後に降る雨 もの悲し

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/09(日) 18:10)

 
20141108
暖かい。

10月中頃の氷が張る寒さのせいで、白菜の巻が緩い。
しかし、この寒さは味を高めたようだ。
サラダ向きの白菜となった。

松本糸の会で、綿畑の収穫と片付け作業。
綿は不作で、韃靼綿は弾けなかった。
夏の盛りがなかった影響かな。
それでも、種取り分ぐらいは採れたようだ。

21041108.jpg

1108_2014110813592187f.jpg

白菜の 生で頬張る 音高く

ステレオパワーアンプの調子が乱れる。
壊れないでほしい。
年代ものなので、買い替えかな?
ドボルザーク「チェロ協奏曲」を聴く。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/08(土) 14:04)

 
20141107
夜半の雨。
脱穀を予定していたが、延期。

自家製苗の玉ねぎの定植。
泉州黄玉ねぎと赤玉ねぎ。
1000本近く植える。
これで3000本となった。

1107_201411071639165f5.jpg

秋の夕 長き日陰 畝にかかりて

久しぶりに Mal Woldron 「Left Along 」を聴く。
学生時代の渋谷のJAZZ喫茶を思い出す。



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/07(金) 16:44)

 
20141106
穏やかな晴れ。
昨夜は「後の十三夜」。
ひたすら明るかった。

中俣沢公園の紅葉もそろそろ終わりかけている。
カエデとカラマツの紅葉がちょうど重なっている時期。
少し寂しい風景、これも良い。

z2.jpg

x1.jpg

佇みて 一人眺める 後の十三夜

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/06(木) 11:55)

 
20141105
朝霜で真っ白となったが日中は温かい。
カラマツのオレンジ色が美しい。

針尾の田の稲刈りを始めたが、一部を刈って終わりとした。
実が入っていない。
草刈機で倒してトラクターで鋤き込むことにした。
トホホホのホ。

来年は、ヒエ対策をしてから6月に入って成苗田植えをする予定。
品種も、寒冷地に強いあきたこまちにすることに。
「来年こそ!」「今度こそ!」

隣の畑の人が甘柿をくれた。
嬉しい。

1105_20141105155103ad1.jpg

甘柿を もっともってけ 受け取りぬ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/05(水) 15:59)

 
20141104
温かい日和。

春植え用の玉ねぎの芽が揃った。
奥に見えるのは法蓮草。
保温カバーをかける予定にしている。
米糠ドブロク液をかけた。

1104_20141104132120a25.jpg

陽を浴びて 玉ねぎの苗 少し伸び

スピーカの横に置くフロアライトを作った。
木の格子枠の間から光が漏れる。

1104a_201411041729399c5.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/04(火) 13:22)

 
20141103
風が強く、寒い一日。

ジャンボピーマンの種採り。
昨年自家採種して作っているジャンボピーマンの2年目向けに種を採る。
肉厚でパプリカのような食感があるピーマン。
とても美味しい。

1103_201411031859055ab.jpg

カラマツの 葉散り散りて 人も無し

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/03(月) 19:01)

 
20141102
曇り時々雨。

田んぼの片付けの時に、赤とんぼの産卵の光景を初めて見た。
何か生命の営みを見たような感じ。

今年種菌を仕込んだほだ木から大きな椎茸。
望外の幸せ。

1102_2014110222533177d.jpg

1102a_20141102225332da8.jpg

一年目 しいたけの出る おお幸せ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/02(日) 22:54)

 
20141101
冷たい雨。
カラマツがオレンジ色に染まり始めた。

大豆畑に猿の群れがやってきてひどく荒らしていった。
美味しいのだろう。

02141101.jpg

サルたちも 小糸在来 味わえリ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/11/01(土) 12:49)

copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア