野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20130531
2日間の雨が上がって、畑作業の遅れを取り戻そうとがんばる。
トマトをハウスに100本植えた。
元肥なしで植えた。
次郎液肥と米ぬかどぶろくのみで育てる予定。

0531_20130531101218.jpg

雨上がり 唐松の緑 弥増して
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/31(金) 10:13)

 
20130530
亡くなった花子の小屋に花をそえてくれた。
心温かい友人夫婦より。


IMG_2113.jpg

花を見て ひつじの最後を 思い出し

友人のSRI田。
田植えより8日目の機械移植苗。(バラまきから21日目)
2葉目が大きくなっている。
色は淡い感じ。
我が田んぼも同じような状態。

0530a_20130530150345.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/30(木) 11:47)

 
20130529
針尾の田んぼに出かけてびっくり。
田んぼが池のようになっている。
草刈の草が水路につまり、田んぼに水が大量に流入していた。
あわてて排水口より流す。
想定外のことであった。

0529_20130529165004.jpg

春野菜ができてきた。
グリーンリーフ、サニーレタス、レタスの3種類。
希望の方へ宅急便で送ります。
また、土日曜日のみですが、野菜スタンドをオープンします。
キャベツはまだこれから巻き始めです。

3_20130529165009.jpg

2_20130529165008.jpg

春野菜 一雨降りて 姿よく

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/29(水) 16:55)

 
20130528
SRI試験圃場である針尾の田は8日目を迎える。
田植え以来水を入れていない。
雨もほんの少し降っただけ。
ひび割れが深くなり、土は歩いても足跡がつかない程度に硬くなった。
付近の畑や田んぼの方が、心配していたそうです。
田植え後、水を入れないので、病気で倒れたのかと心配して、代わりに水を入れてあげなくては・・・・という話なっていたそうです。

葉は少し伸びてきた。広がりはまだ見られない。
10日目あたりで水を走らせる予定。
水分というよりも、土が硬くなり過ぎないようにするため。

0528_20130528115127.jpg

次郎君に 花子が逝ったと そっと告げ

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2013/05/28(火) 11:54)

 
201030527
四賀村の友人のところにバリカンを携えて羊の毛刈りの手伝いに出かける。
今年の春から2頭の羊とオスのヤギを飼い始めた。
ヤギさんは立派な角とあごひげを蓄えている。

27_20130527153316.jpg

27a_20130527153317.jpg

ヤギのひげ 賢そうにも 見えてくる

東京堂の田んぼには毎日かもが2羽やってくる。
何かをついばんでいる。
除草剤を使っていないことがわかるようだ。
苗は活着したようで、葉が広がってきた。

27b.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/27(月) 15:38)

 
20130526
今井の田に3日ぶりに水を入れる。
少しひびが入る程度まで乾いている。
浅く水を入れて、また3日放置する。
間断潅水方式の試験だ。
乳苗は少し伸びてきた。

0526a.jpg

0526_20130526101631.jpg

田に水を 走らせながら 根を調べ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/26(日) 10:21)

 
20130525
朝日村SRI研究会を発足させました。
友人の田は通りに面しているので、ご近所さんが心配している。
水を入れない農法だということを知ってもらうために看板をつけた。


11



田んぼは連日の好天でひび割れが入ってきた。
どの局面で走水を入れるか思案中。

0525a_20130525180736.jpg

田の皹を じっと見つめる SRI


トマトとナスを定植する。
長ナスを多めに作った。
とてもおいしいと評判でしたので。

0525b.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/25(土) 09:18)

 
20130524
枯れていたブルーベリーの木が復活の兆し。
木酢液でpHを下げて、次郎液肥と米ぬかどぶろく液を施した。
あきらめかけていたら、幹から葉が出てきた。
明らかに復活。
うれしい。
効いたのはおそらくどぶろくだな。
0524a.jpg

枯れ木さえ どぶろく飲めば 新芽吹く

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/24(金) 13:54)

 
20130523
午前11時56分 花子が亡くなりました。
獣医さんの話では、髄膜炎は急性で助からないそうです。
2008年にこちらに来てから、オスの子供マイマイを1回出産しました。
綺麗な顔立ちで、皆に可愛がられていました。
亡くなった直後、村の友人たちが急遽最後のお別れに来てくれました。
ありがとう。
(写真は2008年9月)

hanako.png

羊逝く 小屋にぽっかり 穴の空く


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/23(木) 12:52)

 
20130522
友人の田の田植え。
SRI農法で、13日目の乳苗を植える。
半分60株機械植え、半分を1本手植え。
見に来たご近所さんは乳苗というものを知らないので、心配顔。

花子さんの調子が悪い。
獣医さんに見てもらったら、髄膜炎の可能性があり、重い症状とのこと。
注射を打ってもらたが、危ない。

0522_20130522132447.jpg

田の水の 少しひんやり 手植えかな

0522a.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/22(水) 13:28)

 
20130521
今井と針尾の田の田植え。
今井は、半SRIともいうべき方法とする。
12日目の乳苗を植えて、間断かん水とする。
機械植60株。
針尾はSRI方式とする。
ただし、60株機械植えと、30cm間隔1本手植えと混合。

乳苗は10~11cmの大きさになり、マット形成も良い。
SRI用のゲージは、基準糸を張ることにより、効率よく使えている。

0521a.jpg

0521_20130521151022.jpg

0521b.jpg

乳苗の 心もとなき 1本植え
SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/21(火) 15:15)

 
20130520
東京堂の横の3枚の田の田植え。
大勢の方が集まり、予定通り植えることが出来ました。
一枚は、乳苗を半分植えました。
3歳の子供も参加しました。

0520_20130520230129.jpg

田植え終え 程よい疲れ 泥だらけ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/20(月) 23:04)

 
20130519
友人の田んぼの代掻き。
昨年引っ越してきて、稲作ははじめて。
SRI農法を採用することになっている。
勇気ある決断!
乳苗は一緒に作っている。
22日に、手植え1本植を行う予定ですので、応援可能な方はよろしく。

0519a_20130519131318.jpg

カラマツの 緑深まる 雨の降る



SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/19(日) 13:15)

 
20130518
今日明日で仕上げ代掻き作業。
月・火曜日に田植え。
友人のSRI手植えは水曜日。
忙しさのピークを迎える。
友人が手伝ってくれるので助かる。

0519_20130518192322.jpg

鴨来たる 代掻き後を ひと泳ぎ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/18(土) 19:27)

 
20130517
5月11日に蒔いた和綿と亜麻の種が芽を出した。
亜麻ははじめてだが、双葉の幼葉が現れた。
うまく出来そうだ。
「亜麻色の髪の乙女」という曲を1910年にドビッシーが作曲している。
「亜麻色の髪の乙女」はいぞこに?

0517_20130517131201.jpg

亜麻の芽に 期待膨らみ 水を遣る


0518_20130517131202.jpg

SRI用の田植えゲージを制作する。
SRIを行う友人と相談し、この形にした。
300✕300✕3600の木枠に300間隔で紐を張っている。
これを転がしながらゲージにして植えて進むことに。
はたしてうまくゆくのか・・・。

0517aa.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/17(金) 13:17)

 
20130516
ハウスに出して2日目の乳苗。
少し緑化して、葉が開き始めた。
背丈はこれぐらいがよさそうだ。
これ以上伸びると倒れて良くない。

0516_20130516124137.jpg

からたちの花が咲いたよ。
白い白い花だよ。

0516a_20130516171932.jpg

からたちの 刺は痛いよ 痛いよー

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/16(木) 12:42)

 
20130515
SRI農法の試験圃場となる、針尾の田んぼの代かきをする。
後ろに見えているのが烏帽子岳。
まだ雪が残っている。

0515_20130515130507.jpg

代掻きに 雪まだ残る 烏帽子岳 

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/15(水) 13:08)

 
20130514
かぼちゃと金糸瓜の苗を植える。
錦糸瓜(そうめんかぼちゃ)は久しぶり。

be some pumpkins=空威張り野郎 という語があるので「カボチャ野郎」という言葉を作ることに。

SRI用の乳苗をハウスに出す。
7~8cmの大きさになった。
ゆっくりと緑化させてゆく。
ここまでくればほぼ成功。
米糠ドブロク液をかけて活性化させる予定。

0514_20130514092150.jpg

かぼちゃ苗 まだ空威張り するでなし

0514a.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/14(火) 09:18)

 
20130513
トウモロコシの苗の定植。
昨年より間隔を広くした。
畝をあと2列すぐに作らなくては・・・。

東京堂の横の田の代掻きを始める。
友人夫婦が手伝ってくれる。
トラクターも2回めにし慣れたものです。
形になっているでしょう。

次郎くん、毛がなくなってなんとなく所在がない風情。
なあーに。
すぐに新しい毛が生えて、虎刈りはわからなくなりますよ。
0513_20130513131302.jpg

0513a_20130513131210.jpg

0513b.jpg

毛刈り済み 何やら恥ずかし 羊くん


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/13(月) 13:14)

 
20130512
乳苗の芽出しが完了した。
これから連続して、25℃加温育苗をする。
木製の組立解体式の棚を作った。
上下を保温カーペットで加温する。
これで、2日かけて8cmまで育てる予定。

朝飯にこごみの酢醤油かけをいただく。
美味しい。

2_20130512075706.jpg

1_20130512075704.jpg

3_20130512075707.jpg

4_20130512075708.jpg

青い香の すこし酸っぱい コゴミかな 

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/12(日) 08:00)

 
20130511
松本糸の会で、畑に和綿の苗の移植、種まきをしました。
今年はじめて、亜麻も植えました。

続いて、羊の花子、次郎の毛刈りをしました。
沢山のメンバーが集まり、子どもたちも楽しみました。

0511a.jpg

0511_20130511124139.jpg

羊くん 毛皮を脱いで 夏服に
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/11(土) 12:47)

 
20130510
友人宅で味噌炊き。
大勢の人が集まっていました。
少ししか手伝いをすることができなくて恐縮でした。

0509aa.jpg

豆の香の ほんのり甘い 味噌作り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/10(金) 13:48)

 
20130509
友人のはじめての田植え。
稚苗、中苗の60株植え。
まずまずの出来だ。

SRI用の乳苗のバラマキ作業。
大勢であっという間に終了。
50枚仕込んだ。

0509_20130509124322.jpg

泥まみれ 田植えの後の 足洗い

0509a_20130509154044.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/09(木) 12:43)

 
20130508
今朝は-3℃。
氷が張った。
ハウスに定植したトマトが枯れた。
苗の方は保温カバーをして被害はなかった。
保温しなかったのは失敗だった。

SRI用の乳苗作りのために土入れをする。
ねはりシートを敷いて、土を13mmの厚さに入れる。
通常より少なめにして、根の絡みを良くする。
土は、無肥料を使う。
220g撒きとし、マット形成を良くしたい。
明日、種籾のバラマキをする。
いよいよ今年のSRIのスタートだ。

0508_20130508183921.jpg

氷張る トマトが枯れて トホホホホ

0508a_20130508183922.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/08(水) 18:42)

 
20130507
小瑠璃が飛んでいる。
目に鮮やかな喜び。
誤解をされるが、一日中鳥を見て遊んでいるわけではない。
今日もちゃんと、インゲンの畝、トウモロコシの畝などを作っている。
(ニッコール210mmで撮影。)

明朝は1℃の予報。霜注意報が出ている。
なかなか暖かくならないが明日を境に暖かくなりそうで、野菜の定植を始める予定。
これから、畑と田んぼの準備で一番忙しい時期に差し掛かる。

0507_20130507165036.jpg

小瑠璃見る つかの間の喜び 味わいつ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/07(火) 16:57)

 
20130506
息子夫婦が遊びに来たので、仕事をさせる。
玉ネギの遅く育った苗を植える。
小玉ねぎができる。
スープ、ポトフなどにそのまま使える。

綿畑の準備中のビニールマルチを猪に全部掘り起こされてしまった。
やり直しだ。
どうも鶏糞の匂いが気に入らないらしい。
唐辛子作戦を試みる。

0506_20130506123307.jpg

0506k.jpg

猪に 畑荒らされ 泣き寝入り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/06(月) 12:38)

 
20130505
畑の横の山にすみれ。
友人の庭に流れがあり、水芭蕉が咲いている。

0505_20130505171840.jpg

すみれ色 淡い恋の ほろ苦さ

0505a_20130505172043.jpg


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/05(日) 17:22)

 
20130504
愛知の知人が遊びに来てくれた。
子どもたちは羊に触れたり、餌をあげたり、追いかけられたり。
不耕起無代掻きの稲作にチャレンジされるそうで、興味ふかい話となりました。

0504_20130504154117.jpg

0504a_20130504154604.jpg

新緑の 風と羊と 菜の花と

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/04(土) 15:43)

 
20130503
苗を一緒に作っている友人の田の代かきが始まった。

はやくもブルーベリーの花が咲きはじめた。
昨年は不作だったが、今年こそ。

0503_20130503125319.jpg

代掻きの 水面に映る 八重桜

0503b.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/03(金) 12:58)

 
20130502
東京堂横の田の肥料入れ。
4月に村に越してきた若い夫婦が、手伝ってくれた。
彼らもゆくゆく畑田んぼを耕したいという希望を持っている。

0502_20130502142702.jpg

田起こしに 雪まだ残る 鉢盛山
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/02(木) 14:30)

次のページ
copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア