野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20130430
七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞあやしき(後拾遺1154)
「悲しき」は、江戸時代以降の流布本の表現らしいということを改めて知った。
畑の周りで今が満開。

0430_20130430101644.jpg

山吹の 匂いをそっと 嗅いでみる

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/30(火) 10:21)

 
20130429
山桜が満開。
ソメイヨシノなぞ比べ物にならない美しさ。
素晴らしい。

久しぶりにルリタテハが飛んできた。
好きな蝶の一種。
いつ見ても美しい。

今井の田に肥料入れをする。
鶏糞120kg アミノサン肥料60kg グアノ20kg 天然苦土20kg ヒマラヤ岩塩16kg
昨年は、この田の米が特上米82ポイントの品質検査データーとなったので、さらにその上を狙いたい。
乳苗機械植・間断かん水で栽培する。
SRI農法とは異なるが、しかし近似の方法だ。
SRIの要素は取り入れている。

0429_20130429182122.jpg

ひっそりと 慎ましく咲く 山桜

0429a_20130429182124.jpg

ルリタテハ 今年も来たよ おっかさん

0429c.jpg

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/29(月) 18:35)

 
20130428
レタスが少し大きくなってきた。
保温シートをしている効果がありそう。
今朝も氷が張る寒さ。

花子さんを外に出す。

0428_20130428101623.jpg

レタス苗 立ば歩けの 親心

0428a.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/28(日) 10:19)

 
20130427
朝は小雪がちらほら舞っていた。

きゅうり「バテシラズ」の苗が良い形になってきた。
自家採種で作っている。
元気な苗だ。

和綿の苗。
100%近い発芽率。
5月11日に定植すると同時に、直撒きする。
茶綿は発芽に時間がかかるので、苗作りの方がよさそうだ。

0427b.jpg

0427a_20130427141521.jpg

綿帽子 被って整列 和綿苗

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/27(土) 14:18)

 
20130426
ウコッケイの雛が孵った。
ピヨピヨと可愛らしい。
野の草も餌として与える。

花子さんは菜の花が大好き。
毛がふっくらとしてきた。
5月11日に毛刈りをします。

0426_20130426104125.jpg

ウコッケイ 雛孵りて タンポポを

0426a_20130426104127.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/26(金) 10:45)

 
20130425
ひたすらネギを植える。
菜の花は満開。

0425_20130425154143.jpg

菜の花に モンシロチョウが ひらりひら

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/25(木) 15:43)

 SRI農法
20130424
SRI用の乳苗の育成試験の結果。
12日目の苗の状況。
①苗長は11~13㎝
②根は冠根が成長し、絡み合っている
③マット形成は強度が低い
④胚乳はすこし残っている

結論
試験の内容と結果
3日加温発芽→2日加温遮光育成→ハウスで緑化の進め方は良い。
苗土は無肥料で良い。第1葉時に米糠ドブロク液を散布したが効き目はありそう。
苗土の厚さを13mmと薄くし、根がらみを促進する方法は効果がある。
12日苗で移植する。

改良点
マットの強度を高めるために根張シートを使用する。
覆土をあまり厚くしない。

課題
田植え機のゴム送りベルトにビニールカバーを被せ、過剰に送り過ぎないように調整する。
おそらく圧縮強度が低いので、掻き取りが少ないため、潰れる心配がある。

今年はこの方法で乳苗を作り、機械植え、手植えの両方を試してみよう。

1_20130424114002.jpg

さくら散る 雨眺めつつ 五平餅

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/24(水) 11:46)

 
20130423
雪が融けて、夏の鳥達が飛び始めた。
はじめてのつばめ。
夏鳥の小瑠璃。

ハウスの中にトマトを定植し始める。
自家採種した大玉トマトから。

友人のSRI農法の田の肥料入れ耕転作業の、チョット手伝い。
鶏糞とアミノサン肥料のみ。
この田は手植えの予定。

02130423a.jpg

0423b.jpg

小瑠璃舞い うぐいすが啼き トマト植え

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/23(火) 18:12)

 
20130422
次郎くん、雪の中を草を求めてグイグイと進む。

SRI用の試験乳苗は10日目。
ここ2、3日寒く、成長が止まっているが、根は少し伸びた。
それでも9~11cm、1.5葉となり、移植可能な大きさとなった。
マット形成は、補助板で田植え機に載せることができるところまではできたが、強度は足らないようだ。
後2~3日かけて、根の様子を見ることにする。
どうも根張りシートを使う必要がありそうだ。

0422b.jpg

羊くん 雪かき分けて 草探し

0422a.jpg

0422_20130422130059.jpg


SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/22(月) 13:11)

 
20130421
朝起きて驚嘆
この辺りの桜も満開という時に大雪。
向かいの山の新緑の淡きカラマツも雪化粧。

0421_20130421065157.jpg

淡緑の カラマツの木の 雪衣

0420a_20130421093649.jpg

突然の 雪の重みの 枝垂れ桜


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/21(日) 06:58)

 
20130420
針尾の田に肥料入れ。
鶏糞とアミノサン肥料を入れた。
秋に入れた藁は、よく分解されている。
この田は、SRI農法の初めてのテストを行う予定。
排水口を作らなくては。

松本糸の会で集まり、和綿の畑の畝作りをした。
人数いると作業が捗る、捗る。

ハウスの苗が育ちはじめ、鮮やかな緑色になった。
外ではうぐいすが啼いている。

0420a.jpg

0420_20130420181116.jpg

0420b.jpg

稲苗の 緑に映える ホーホケキョ

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/20(土) 18:17)

 SRI農法
20130419
試験中の乳苗の緑化が終わり、1葉が伸びてきた。
根は伸びていて、マット形成が始まっている。
絡みはまだ弱い。
2枚のうち1枚に米糠ドブロク液をかけた。
根の育成の促進を狙う。

0419_20130419102327.jpg

0419a_20130419102508.jpg

0419b.jpg

乳苗の か細きなれど 根に力

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/19(金) 10:29)

 
20130418
映画「阿弥陀堂」に「花見百姓」の話が出てくるが、花見をするまもなく忙しい。
畑の横の桜も満開。
土手にはニリンソウが咲いている。

玉ねぎに米糠ドブロクの追肥をする。
良い出来だ。

0418_20130418120554.jpg

花見せず ひたすらキャベツ 植えている

0418a_20130418120555.jpg

0418b_20130418120557.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/18(木) 12:08)

 SRI農法
20130417
乳苗の作り方について試験をしている。
加温発芽3日、さらに25℃で2日、遮光したまま育苗。
7~8cmの長さになった。
これからゆっくりと、外で緑化させる。
葉はまだ1枚。
1.4枚が植え頃。
マット強度が問題となるが、根は伸びているようだ。

曽倉沢に水汲みに出かけると、キベリタテハが飛んでいた。
ゴージャスな、厚みのある羽が特徴の美しい蝶。

0417a.jpg

0417_20130417104050.jpg

ベルベット 翻して舞う キベリタテハ

SRI農法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/17(水) 10:43)

 
20130416
野沢菜の菜の花が咲いた。
ほのぼのとした美しさ。

新田に鶏糞を入れ耕転作業をした。

0416_20130416175853.jpg

菜の花が 桜と競い 咲きにけり

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/16(火) 18:02)

 
20130415
ハウスに出した苗の緑化がうまく進み、これから成長する。
7日に出した平置き自然発芽も芽が出てきた。
残りの加温発芽40枚も朝ハウスに出した。
シルバーの被覆材でゆっくり緑化させている。
中苗(ちゅうびょう)110枚となった。
乳苗(にゅうびょう)は、5月に入ってから作る。

0415_20130415151820.jpg

0415a.jpg

野ねずみが 種籾かじる 泣かされる

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/15(月) 15:21)

 
20130414
甘口味噌(15歩)を仕込む。
これで最後だ。
明日から田んぼの肥料入れ。

かぼちゃの苗作り。
昨年は猪の被害で全滅したので、今年こそ。

0414_20130414115412.jpg

大豆煮る 竈の煙 眼にしみて

0414a_20130414115414.jpg


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/14(日) 11:56)

 
20130413
野菜スタンドのサクラが咲きはじめた。
側のこぶしの花の蕾も膨らんできた。
今朝も薄氷が見られる朝でしたが、暖かい。
そろそろ花見の時期が来たか。

0413_20130413124700.jpg

0413a.jpg

ヒヨドリの 桜の蕾 啄めり

明日にでも 弾けんとする こぶしなり


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/13(土) 12:51)

 
20130412
時折陽がさすが、山から雪が降りてくる。
庭のラッパ水仙が満開となった。

0412_20130412110544.jpg

水仙の ラッパの音色 鳴り響き

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/12(金) 11:06)

 
20130411
朝起きると一面の雪。
10日過ぎの雪は珍しい。
例年、6、7日辺りに最後の雪が降るのだが。

0411_20130411080055.jpg

さくら咲き 遅雪が降り 寒い朝 

3日前にバラマキをした稲苗の芽が出揃った。
なかなか元気の良い姿だ。
酸欠ももなく、根上りもなく、良い出来だ。
夕方ハウスに移動した。
雪がちらつくので、灯油のストーブに火をつけた。
残りの40枚の芽出しをセットした。
乳苗のテスト用に2枚作ってみた。

0411a.jpg

稲苗の 白い新芽の 元気良さ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/11(木) 08:04)

 
20130410
グリーンリーフの定植をする。
キャベツ、サニーレタス、レタス、グリーンリーフが揃った。

0410_20130410123040.jpg

苗植える 桜の蕾 綻びつ 

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/10(水) 12:34)

 
20130409
秋に収穫しまかった野沢菜の新芽が伸びてきて、花の蕾ができてきた。
この新芽はとても美味しい。
もちろん羊の好物。
仲良くわけあって食べている。

0409_20130409150424.jpg

野沢菜の 春の新芽の 柔らかさ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/09(火) 15:07)

 
20130408
強風の一夜が明け、晴れた。
味噌つくりの会の味噌の仕込みと、米作りの会の苗つくり。

針尾の川沿いの田んぼを借りて今年から稲作を始めるメンバーは中苗作りからスタートする。

味噌は、8歩味噌を1樽仕込んだ。

0408_20130408154206.jpg

0408a.jpg

大豆煮え 湯気立ちのぼる 味噌作り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/08(月) 15:44)

 
20130407
ハウス平置き自然芽出し用のバラマキをする。
70~80gの薄蒔きとする。

0407_20130407114013.jpg

種籾の 小さき足に ひかりあり

飴色の 種籾の根の 白さかな
 

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/07(日) 11:48)

 
20130406
浸漬した種籾を催芽中です。
食酢消毒を並行する。
温湯消毒と組み合わせることで効果が期待される。
食酢消毒についての資料

0406_20130406113623.jpg

サニーレタス、レタスを定植する。

0406b.jpg

キタアカリ、アンデスを植える。
弱酸性にするために、木酢液を撒いて覆土した。

0406a_20130406140806.jpg

芋蒔けば 梅の花びら そっと落ち
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/06(土) 07:33)

 
20130405
暖かい。5月並の気温だ。
小梅が咲き始めた。
クジャクチョウが液肥の桶にやってきた。
この匂いが好きなのだろう。
いつ見ても艶やかだ。

0405_20130405110711.jpg

0405a.jpg

小梅咲き クジャクチョウ舞い おらが春

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/05(金) 11:09)

 
20130404
8歩の辛口味噌を仕込む。
古い900mmの径のたらいを使って調合する。
とても便利だ。
小糸在来は、糖度が高いのですぐに煮える。
甘みがあってとても美味しい。
水分量45%、対水塩分濃度21%、塩分量12%のレシピとした。
今年からは、カンホアの天日塩から変更してヒマラヤ岩塩を使う。

0404a.jpg

0404_20130404125557.jpg

味噌仕込み 湯気立ち上り 塩を振り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/04(木) 13:02)

 
20130403
5回に分けて作ってきた味噌用の米麹の最後の分が出来上がった。
新しい種麹を使ったが、なかなか良い仕上がりとなった。
明日から8歩味噌の仕込みを始める。

稲苗の苗土を仕込む。
中苗用に堆肥入り土を調合して入れる。
とりあえず90枚作り、乳苗は5月に入ってから作る予定。
8日にバラマキ予定。

0403a.jpg

米麹 甘い香りの 漂いぬ 

0403ab.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/03(水) 11:53)

 
20130402
我が家の石垣に水仙が咲きはじめた。
石の遠赤外線効果で、ここだけ早く咲く。
標高930mの我が家にも遅い春がやって来る。

春野菜に保温シートをかける。
これだけで、相当の違いがある。

越冬した蝶が飛んでいる。

0402_20130402112240.jpg

水仙が 遅れた春を 我が家にも

0402b.jpg

0402a.jpg

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/02(火) 11:24)

 
20130401
キャベツ、サニーレタス、レタスの定植を始めた。
朝晩寒いので保温シートをかける予定。

先月20日に作った味噌玉の天地返しをする。
天然麹黴が綺麗に巻いている。
8日に砕いて木樽に仕込む予定です。

0401_20130401172945.jpg

0401a.jpg

味噌玉の 黴を纏いて ひと踊り

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/01(月) 17:32)

copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア