野菜と米の無農薬栽培
   発酵肥糧を中心に使用し、微生物活性農法を研究しています。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ASAHINOJO

Author:ASAHINOJO
ホームページ
あさひ農醸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 
20170817
蒸し暑く、汗吹き出し。

オクラがたくさんできるようになった。
アオイ科の花が美しい。
ペクチン、ムチン、βカロチン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄などを含んでいます。
夏バテにどうぞ。

0817a_201708171759222bf.jpg

0817_2017081717592026b.jpg

静かな美 オクラの花の 見え隠れ

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/17(木) 18:16)

 
20170816
今日も雨。
雨が多すぎる。

昨日サルに畑を荒らされた。
被害はそんなにもなかった。
どうやらボスザルの下見だったようだ。
今日は、ナスとトマト、ブルーべりを全面的に食べ散らかしていった。
一族郎党を引き連れてきたに違いない。
ナスの木を倒す、折る。
トマトは実を叩き落す。
ブルーベリーのネットをはがす。
暴れ放題です。

おもしろい話を手に入れた。
人間がへびを恐れるのは本能的な記憶によるといわれている。
実は、人類以前のサルの時代に刷り込まれているような話。
プラスチック製のへびのイミテーションが安く手にはいる。
なかなかよくできているそうです。
試してみようと入手中です。
恐れおののいて来なくなるとよいのですが。
トウモロコシも大半はサルに食べられてなくなったので、対策があればと考えていた。

0816_20170816145304294.jpg

サルの群れ なすにとまとに ブルーベリー

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/16(水) 14:56)

 
20170815
午後から雨。

フランスレタスの「太っちょ」の葉が開き始めた。
春に作ったのはオークリーフタイプで、葉がこまやかだったが、これは葉が広い。
初めてなので、どのように育つか期待するところ大。
左に半分見えているのは、非結球型のリーフレタスです。
これもおいしい。

0815_201708151714351de.jpg

レタスの葉 雨に濡れてる 盆の畑

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/15(火) 17:16)

 
20170814
薄曇りで過ごしやすい。

ゆうだ21の大きな穂がではじめた。
例年盆のころに出始めて、25、6日あたりで穂ぞろいとなる。
穂肥としてバットグアノ(天然燐)と苦土を入れてあるので、美味しい米になることを期待している。

0814_20170814180452bbf.jpg

お盆とて 畑仕事は 手を抜かず

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/14(月) 18:06)

 
20170813
夕方より雨。

白菜の苗。
ネギジュースをかけて、虫が寄ってくるのを抑えています。
このまま順調に育ってほしい。

夕方、村のあちこちで迎え火を焚いている。
盆の風景が残っている。
ここらでは、墓は畑の一角にある。
一族集まって行列をなす。

0813_20170813180538cf5.jpg

迎え火に 一族集まり 列をなし

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/13(日) 18:10)

 
20170812
蒸し暑い。

松本糸の会で、綿畑の手入れ。
大島、韃靼綿ともに花がさいています。

0812_201708121808187c2.jpg

綿の花 俯いて咲く 恥じらいに

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/12(土) 18:09)

 
20170811
夕方から涼しくなる。

トウモロコシが終了した
半分程度を収穫できた。
半分はサルが食べた。
ピーターコーンという白と黄色の混ざったおいしい種類。
最後の1本を終了記念に食べます。
来年はトウモロコシ畑の要塞化を考えています。

0811_20170811191011533.jpg

トウモロコシ 最後の一本 かぶりつき

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/11(金) 19:08)

 
20170810

蒸し暑い。

今井の田んぼのゆうだい21に、ちらほら穂が付き始めた。
当然ヒエの穂も。
暑い中、畔の草刈。
ここの田んぼは、昨年ヒエ対策で休田としていたので、わらが腐敗するということを避けることができた。
ほかの田は、鋤き込んだわらが、高温時期に急に腐敗して、メタンガスが発生し、根が傷んだ。
これまでわらを鋤き込んでも、ゆっくり分解して、ガスが出ることはなかった。
気象条件が大きく変わった感じがする。
この秋には、藁は入れないようにする。

0810_20170810163728f33.jpg

稲穂出て、ヒエも負けじと 追いかける

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/10(木) 16:45)

次のページ
copyright © 2005 野菜と米の無農薬栽培 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア